« 2012年1月 | トップページ | 2012年4月 »

2012/02/25

海外版Galaxy NoteでFMラジオを聴く

海外版Galaxy NoteにはFMラジオが聴ける機能があるんだけど、標準のFMラジオアプリでは、周波数が海外のものに合わせてあって変更できない仕様になっている。だから、rootを取らないと周波数を変更できなかったんだけど、2ちゃんねるの掲示板に「Spirit FM Free」では周波数が変更できるとの情報があったので、早速試してみた。

【試した環境】
販売国:ドイツ版
Android version:2.3.6
Baseband version:N7000XXLB1
Kernel version:2.6.35.7-N7000XXLB1-CL933381 se.infra@SEP-101 #2
Spirt FM Free:v Feb24

【設定概要】
①マーケットから「Spirit FM Free」をインストール
②「Spirit FM Free」を起動->左下メニューボタン->Settings->RegionalBand->Japanに設定
③Settings->Audio->Method->Noneに設定
④Settings->Debug->SA Prop Enableにチェックが入っていることを確認(上記環境では標準でチェックが付いていた)
⑤イヤフォンを挿し、メイン画面で周波数をタップして身近な局(例:80.0…TOKYO FM)のものを入力
⑥メイン画面右下の電源ボタンを押下してラジオを起動

掲示板ではリブートが必要などと書いてあったけど、リブートしなくてもラジオを聴けました。注意点としては、標準で付いているFM Radioアプリを起動してしまうと、周波数帯が海外のものに戻ってしまうらしく周波数の変更が行えなくなるので「Spirit FM Free」だけでラジオを聴くようにした方が吉。

ちなみに、WiFiとか使える環境では普通にradikoを使ったほうが音がクリアなので、あくまでも臨時的なものと割り切った方が良いでしょう。でも、ラジオ機能をrootなしで使えるようになったのは大変うれしいです。情報提供者に感謝!!ありがとう484。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/16

Windowsサーバでうるう秒に対応する備忘録

Windowsサーバで時刻同期の仕方を分かっていない管理者はいないと思いますが、もしいる場合は下記のリンクを参考に基本をおさえてください。まぁ、うるう秒は今回が初めてではないので、対応済な管理者がほとんどだと思うけどw

http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/operation/winntp01/winntp01_01.html

で、私なりのWindowsサーバでの「うるう秒」に対応する結論を備忘録として記載します。

①時刻同期はWindows標準のstepモードではなく、slewモードにする
②①の際、レジストリを変更し5分程度のズレがあってもslewモードを実施するようにする(ドメイン構成かワークグループ構成かで時刻ズレ時の対応が変わるため。また、レジストリ値はOSによって変更になる可能性があるのでググる)
slewモードだとBIOSの時刻との同期が実施されなくなってしまうため、再起動や停止時には"net time \\localhost /set /y"等で強制的に同期を実施してBIOSの時刻同期も行うように設定する(これをしないと、リブートの度にBIOSの時刻に同期されてしまい時刻ズレの現象が発生します)

上記の設定が面倒な場合は、うるう秒後の最初の時刻同期を、Oracleなど時刻が後戻りしてはマズイアプリを停止状態にしてから行うようにすると可(たとえば定期リブート時など)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/10

海外版Galaxy NoteでUSBテザリングをやってみた

WiFiテザリングは調べなくても簡単にできたけど、ちょっとWiFiを搭載していないノートPCでモバイルインターネット接続する必要があったので、USBテザリングをやってみた。

【事前準備】
SamsungのHPからWindows版Kiesをダウンロードして、インストールする(ダウンロードは約80MB程あるので注意。インストールも5分くらいかかったかも)。これはUSBドライバを入れるため。個別にUSBドライバを入れているのであれば必要ないかも。

【USBテザリング手順】
Galaxy NoteをUSB接続し、『Settings->Wireless and network->Tethering and portable hotspot->USB thering』にチェック(USBを外すとチェックも外れるので、再接続毎にチェックする必要あり)

これだけでUSBテザリングが可能になりました。まぁ、今時WiFi機能付いていないPCも珍しいかもしれないけど、USBテザリングしたい時の備忘録として記載しておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年4月 »