« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012/01/04

海外版Galaxy Noteへの機器接続について

TwitterでGalaxy NoteがAUから発売されることが公表されました。ドコモからと思っていたのでちょっと驚きです。でも、機器をマイナーチェンジしていろんなキャリアから発売される例が多いので、春夏モデルは要チェックですね!結局、ドコモからLTE,ワンセグ対応で出るみたいです。

さて、Galaxy Noteはご存知の通りBluetoothの他にUSBホスト機能も持っているので、私が持っている機器をいろいろ接続できるか試してみました。なお、USB機器の接続にはUSBホストケーブル、もしくは付属のケーブル+メス-メスのアダプタが必要になります(密林で500円~1000円前後で売ってます)。

【Bluetooth】
・マウス(iBUFFALO BSMLB05):○
・キーボード(REUDO RBK-2200BTi):○
・イヤフォン(千円で買った安物):○
・PC(ファイル交換、オーディオ、データ同期):○

【USB】
・マウス:○
・キーボード:○
・USBメモリ(32GB):○
・ポータブルHDD(USB給電):×
・PSVITA:×

考えてみると、接続機器があまりないなぁ・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/03

Galaxy Note システム手帳化計画

海外版Galaxy Noteにアプリを追加し、システム手帳化しようと思い、いろいろ試行錯誤して現在使用しているアプリを備忘録として記載。ちなみに、使用の際には日本語アプリとして「ATOK」「MAZEC」をTPOにあわせて使用することを前提としています。

1)スケジュール(カレンダー)
標準のアプリでもいいけど、以前から使用していた「ジョルテ」を使用

2)ToDoリスト
ジョルテでも簡単なToDo管理は出来るけど、ToDoは「TasKos」を使用

3)メモ
「Jota Text Editor」「7notes」「FreeNote」などもインストールしたけど、なんだかんだ一番使っているのは標準の「Sメモ」だったりします。

4)お絵かき
Sメモでも簡単なお絵かきは出来ますが、SamsungAppsから「Zen Brush」「HelloColor Pencil」、Android Marketからは「SketchBookMobile」をインストールしています。ただ、絵心がないのであまり使用頻度が少ない orz

5)カメラ
標準の他に、先日の10円セールを利用して「Camera ZOOM FX」「Paper Camera」をインストール。更にQRコード読み取りに「QRコードスキャナー」、スクラップ撮影用に「eScrap Free」、名刺撮影用に「Bizcaroid Lite」を入れています。

6)メール
ISPのメールは標準のメールアプリを使用、i-modeメールはiモード.netを契約して「IMoNi」を使用。Gmail用は「Gmail」アプリを使用。あまり、この辺は考えずに使ってしまってますw

7)Naviや経路探索
Naviは圏外の時にも地図を表示したかったので、ちょっと無理して「いつもNavi」を購入。これで峠とか電波の届かないところでもGPSのみで正確なNaviをやってくれます。圏外の時はNaviを諦めるのであれば標準の「ナビ」や「ドライブサポーター」で良いんじゃないかな? 経路探索は「乗換案内」「NAVITIME」を使用。

また、ハイキング限定ですが、「山旅ロガー」「地図ロイド」も入れています(まだ、使ってないけどw)

8)その他
便利なアプリとして「手帳の付録」「星座表」「パス管」「Sakurarm」「デ辞蔵」などを入れています。更に共用アプリとして「Evernote」を使用。

一応、これでシステム手帳をほぼ置き換えるだけの機能を備えていて実際に使用していますが、職場で使い続けることが出来るかは微妙です。なぜなら、機能としては十分なんだけどGalaxy Noteを使っているとなんか遊んでいる風に見えてしまうみたいだから。これは、以前ザウルスやWiZを使用していたときも同じで、偏見を取り除くのは時間が掛かると思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/01/02

海外版GALAXY NOTEの気圧計を調べてみた

あまり話題にはなっていませんが、海外版Galaxy Noteには加速度計やジャイロ、照度センサーや地磁気センサーの他に『気圧計』が搭載されています。

とりあえず、気圧計の状況を見るアプリがあるかと調べたところ「シンプルな気圧計」や「AndroSensor」が該当していました。また、状況を直ぐに見れないものの、「山旅ロガー」というのも気圧状況をモニターしてくれるようです。他にもお天気アプリで気圧計の状況をモニターして数時間後の天候を予測するというのもありましたが、今回は「シンプルな気圧計」と「AndroSensor」を試してみました。

1)シンプルな気圧計

20120102_203629


気圧計の数値を表すだけの本当にシンプルなアプリです。数値をコピーすることも出来ます。

2)AndroSensor

20120102_203606


気圧計の他に様々なセンサーの数値を見ることが出来ます。ただ、気圧の単位がミリバーレルミリバール(mb)になっているんはご愛嬌w

で、センサーの数値ですが、私の持っているカシオのPROTREKでの数値が1004hPaの時にGALAXY NOTEは1007~1008でした。ただ、これぐらいの誤差は同じPROTREK同士でもあったので、気にする程ではないでしょう。

今後、全ての携帯に気圧計がついて、それを自動的に収集する仕組みが出来れば、より細かい天候予測に役立ちそうだけど、そういう時代が来るかな?

1/3追記
アプリをインストールしなくても、センサーの数値を確認したいだけなら、コマンド『*#0*#』を入力後、「Sensor」を選択すれば数値を確認できることが分かりました。
20120103_083010

20120103_083111

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »