« プリンタのカウンタ値を取得する(Perl) | トップページ | WindowsサーバのCPU、メモリ、HDDの使用率を把握する(SNMP) »

2011/06/18

ある決められた容量のファイルを作りたい(Windowsコマンド)

 テストで使用するのに、ある決められた容量のファイルを作りたいって時があります。例えば、サーバの容量チェックでわざと残容量を少なく見せるのに使う小技です。

 以前は自分である小さいファイルを作って、COPYコマンドの繰り返しなんかで大きいファイルを作ったりしていましたが、WindowsXP,2003以降は標準のコマンドが用意されてます。
 下の例は1GBのファイルを作る時のコマンド

 実行することでtest.datファイルが実行したカレントディレクトリに作成されます。
『fsutil file createnew test.dat 1024000000』でも良いけど、↑では(1024*1024*1024=)1,073,741,824としています。

 ただ、このファイルは中身が0埋めなので、圧縮してから送るようなファイル転送なんかの負荷テストには使えない(圧縮率が高すぎてテストにならない)ので注意が必要です(コピーなどの生のまま転送する負荷テストでは使える)。

|

« プリンタのカウンタ値を取得する(Perl) | トップページ | WindowsサーバのCPU、メモリ、HDDの使用率を把握する(SNMP) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49420/51978552

この記事へのトラックバック一覧です: ある決められた容量のファイルを作りたい(Windowsコマンド):

« プリンタのカウンタ値を取得する(Perl) | トップページ | WindowsサーバのCPU、メモリ、HDDの使用率を把握する(SNMP) »