« Windowsバッチで曜日毎に処理を変えたい場合(バッチ) | トップページ | プリンタのカウンタ値を取得する(Perl) »

2011/06/16

Windowsバッチで直近のファイルのみ残して古いファイルを削除する(バッチ)

 毎日ログやアーカイブファイルを吐き出すアプリって結構あります。少ないうちなら良いですが、放っておくと気が付くととんでもない容量になることがあります。

 そこで定期的にログやアーカイブファイルなどを削除したいもの。Perlではある一定以上古い日付のファイルを削除するっていうのは簡単に処理できますがWindowsのバッチでは難しい処理です。そこで、Windowsバッチでは考え方を変え、直近のN個だけファイルを残してそれ以降は削除するという処理にします。ソースは以下の通り。

スクリプトが正しく実行されることが確認できたら、タスクスケジューラやatコマンドで定期的に実行させよう!

|

« Windowsバッチで曜日毎に処理を変えたい場合(バッチ) | トップページ | プリンタのカウンタ値を取得する(Perl) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49420/51946381

この記事へのトラックバック一覧です: Windowsバッチで直近のファイルのみ残して古いファイルを削除する(バッチ):

« Windowsバッチで曜日毎に処理を変えたい場合(バッチ) | トップページ | プリンタのカウンタ値を取得する(Perl) »